社員満足の情報確認【心地よく顧客に接することが出来る】

Menu

海外旅行者への対応策

旅行鞄

研修サービスを活用

海外から日本を訪れる観光客が増えています。日本には魅力的な観光地や名産品が多い上、為替による影響もあってショッピングを楽しむ人も多いようです。このようにインバウンドによる訪問客が増える状況では、英語を話せるスキルも求められます。特に小売店や飲食店のように海外の旅行者と直接触れ合う業種では、店員に英語を教えたほうが良いでしょう。観光客とのコミュニケーションを成立させることができれば、ビジネスチャンスの拡大にもつながるからです。社員に英語力をつけるには、英会話教室などが提供している企業向けの研修サービスを利用するのが一番です。インバウンド需要に向けたコースもすでに提供されており、それに社員を参加させるだけで必要な能力が身につきます。受講の方法としては、自主的に参加した社員に対して料金を支払うといったものや、社内に講師を呼んで勉強会を開催するというものがあります。インバウンド需要に対しては早めに対策する必要があるため、できれば会社全体で取り組むほうが効果的です。こうしたサービスを利用することは、英語力に加えておもてなしの心やマナーを学べるという利点があります。インバウンドでは様々な国からの観光客に対応しなくてはなりません。言葉が違うだけでなく文化も異なるため、相手の意図を正しく汲み取るにはそれなりのノウハウが必要になります。インバウンドの受け入れ対策を指導してくれる会社のサービスなら、企業のニーズに合ったカリキュラムで必要なコミュニケーション力が身につきます。

Copyright© 2018 社員満足の情報確認【心地よく顧客に接することが出来る】 All Rights Reserved.