社員満足の情報確認【心地よく顧客に接することが出来る】

Menu

研修は社内全体で

旅行者

習熟度の差に注意

近年、インバウンドの増加が国内経済の大きなキーワードとなっています。インバウンドとは、日本国内に来る外国人観光客のことです。観光客だけでなく、厳密には短期滞在者も含みますが、大きな意味では国内に来る外国人をさしています。インバウンドの増加は日本経済を考える上で非常に重要なポイントです。日本の景気は徐々に回復基調にあるものの、国民一人一人の感覚としてはいまだ不景気感が強く、内需の拡大は見込めない傾向にあります。一方、海外の状況は異なり、発展が著しい国もあります。そうした国からの観光客が日本でお金を使ってくれれば、日本経済が徐々に回復することにもつながります。そのため、国を通じてインバウンドへの対策をするのが重要とされているのです。インバウンドへの対応としてまず挙げられるのが言語の問題です。不都合の多くは言語が通じないことに集約するといっても過言ではありません。近年はアジアからの観光客が急増しているので、中国語や韓国語なども重要ですが、やはり最重要なのは英語です。英語はほとんどすべての国で基礎を習っているため、お互いの共通語として働きます。もちろん日本でも中学から習っているのである程度は読める、書ける、話せるという人が多いです。とはいえ習熟度には差があるので、従業員全体の底上げをはかるのならば会社ぐるみで英語研修を行う必要があるでしょう。ただ英語研修を行っただけで満足するのではなく、一人一人の習熟度はどうかを確認して進めるシステムが重要です。

Copyright© 2018 社員満足の情報確認【心地よく顧客に接することが出来る】 All Rights Reserved.